初等社

講演会の歩み(2001年 平成13年)

. 1月
「21世紀日本の財政再建と景気回復をソフトランディングさせることは可能か」・ザ・フォーラム
(橋口 収・(財)ひろしま美術館館長、広島銀行相談役)

2月
「アメリカのスーパーエリート教育」・国際文化会館
(石角完爾・弁護士、弁理士、千代田国際経営法律事務所所長)

3月
「日米比較文化を通じて見る乗り越えられない一線とは何か」・国際文化会館
(小中陽太郎・作家、日本ペンクラブ専務理事、中部大学教授)

4月
「日本経済新生の戦略」・国際文化会館
(樋口廣太郎・東京都現代美術館館長、アサヒビール名誉会長)

5月
「ステキな上司と言われるために」・国際文化会館
(金平敬之助・エッセイスト、元住友生命常務)

6月
「EV電気自動車の現状と未来」・国際文化会館
(清水 浩・慶應義塾大学環境情報学部教授)

7月
「久保紘之の天下不穏、現下の政局について」・国際文化会館
(久保紘之・産経新聞編集特別委員)

9月
「本格的不良債権処理が生む未知の恐怖」・国際文化会館
(庭山慶一郎・元日本住宅金融社長)

10月
「2つのITの脅威が世界経済を何処まで混乱させるか」・国際文化会館
(江口 隆・パナソフトバンク社長)

11月
「21世紀の日米防衛関係-アフガン情勢はどのような影響を与えるか-」・国際文化会館
(Dr.James,E.Auer・ヴァンダーヴィルト大学教授)
12月
「新珠湾攻撃の暗号はどこまで解明されていたか」・国際文化会館
(妹尾作太男・戦史研究家)

Copyright(C)1977-2005. All rights reserved. The Shotousha.
|return|